Web系への転職活動日記(3)

シェアする

時間があるときに、転職サイトを見ています。

今まで勢いで「転職」と言っていましたが、転職するには経験や知識・技術が必要なのが現実のようです。

現実はなかなか甘くないですが、何とか頑張りたいところです。

一番募集が多いWebデザイナー

募集が一番多いのはWebデザイナー。

デザイナーに必須の技術はイラストレーターフォトショップの経験。

実務1年、2年の経験が必要な会社もあります。

ボクはイラスト技術に自信がなく、今まで美術の成績も悪かったです。

なので、デザイン関係は避けて通りたいところ。

コーダーの募集はほとんどない

ボクができることはHTML・CSSの技術とワードプレスの経験、あとはSEOの知識くらい。

この経験が活かせるコーダーという役はあまり募集していないようです。

Webデザイナー+コーディング技術や、プログラマー+コーディング技術は募集がありますが、コーダー単独はありませんでした。

転職するためにやるべきこと

  • Webデザイナー → 自信ない
  • コーダー → 募集がない
  • プログラマー → これしかないのか!?

という考え方になっています。

ただ、プログラマーはかなりIQが必要そう。

プログラミング言語の習得が必要ですが、これから、急務で勉強して行きたいと思います。

会社によって、必要な言語が違うと思いますが、PHPJavascriptあたりを勉強して行きます。

やっぱり行くしかないのか? Webスクール

プログラミング言語は、習得が難しそうで、独学だとなかなか覚えることができません。

無料の動画勉強サイトのドットインストールで勉強していますが、気分がなえてきます。

ということで、お金を出してWebスクールに行こうと思います。

転職まであまり時間もないので、早速やって行きます。

とりあえず、PHPとJavaScriptで。

頑張ります!



人気ブログランキング バナー    ブログ村 バナー
皆さんの応援のおかげでこのブログは成り立っています。
今日もクリックありがとうございます!
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告