インターネット広告ってこんなに種類があったんだ!

シェアする

kizi16-6-5
ウェブサイトの記事でインターネット広告について調べていたのですが、インターネット広告って非常にたくさんあるのを知りました。

今までボクが知っていた有料のアクセスアップの方法というのは、全体のわずか一部だったのです。

ブログやウェブサイトはSEOを中心に無料の方法が一般的だと思うのですが、一般企業などはお金をたくさんかけてインターネット広告をしているようです。

せっかくなので、ぜひ紹介したいと思います。

純広告

jun-ad

Webサイトの広告欄を一定期間買い取る広告です。

クリック回数やインプレッションによる課金はなく、期間で契約します。

非常にたくさんのアクセスを集めることができますが、有名サイトの場合だと莫大な費用がかかります。

リスティング広告

listing2

リスティング広告はGoogle検索などでトップまたは右サイドに表示される広告です。

ユーザーが検索したキーワードに関連した広告が表示されるため、非常に効果の高いのが特徴です。

クリック課金型のため、クリックされた分だけの費用が発生します。

ディスプレイ広告

banner-ad2

ディスプレイ広告はさまざまなサイトやブログへ訪問した時に、記事下やサイドバーなどに表示される広告です。

イメージ広告とテキスト広告が選べ、サイトに合ったサイズで表示されます。

これもクリック課金型のため、クリックされた分の費用だけで済みます。

リマーケティング広告(リターゲティング広告)

retargeting-ad

リマーケティング広告は商品購入に至らなかった人に対して、再度配信する広告方法です。

サイトには訪問しましたが何らかの理由で離脱した人は、顧客になる確率も高いと考えられています。

リスティング広告と併用して使うことが多いです。

アフィリエイト広告

affiri-ad

アフィエイトはユーザーが設定した条件(商品の購入・会員登録など)を満たすと費用が発生する成果報酬型の広告です。

ブログやサイトでバナーを掲載してもらい、そのバナーをクリックして条件を満たすと費用が発生します。

クリックだけでなく、条件がある場合などには有効なインターネット広告です。

SNS広告(ソーシャルメディア広告)

sns-ad

SNS広告はTwitterやFacebookなどのSNSに広告を出すクリック課金型の広告です。

キーワードや興味・関心にターゲットを絞り広告を出すことができます。

インプレッション単価(CPM)・クリック単価(CPC)・アクション当たりのコスト(CPA)などいくつかの種類から選んで広告を決めます。

動画広告

douga-ad

Youtubeなどの動画サイトに動画広告を配信する広告です。

さまざまな方法があるので、1番向いた方法で行ないましょう。

インストリーム:動画視聴前に表示する方法
インサーチ:検索結果画面に表示する方法
インディスプレイ:関連動画に表示する方法

メール広告

mail-ad

性別・年齢・職業などターゲットを絞ってメール広告を配信するサービスです。

配信数によって単価も変わってきます。

ネイティブ広告

native-ad

ネイティブ広告はニュースサイトやまとめサイトに、記事のように自然な形で広告を貼る方法です。

スマホのニュースアプリなどでよく使われています。

プレスリリース

プレスリリースは自社の新しい情報をマスメディアを通じて公開することです。

広告というよりも、企業の公開発表のようなものです。

独自性のあるものや、話題性のある情報だと他のメディアでも取り上げられ、SNSなどで拡散される可能性もあります。

詳しくはウェブサイトで紹介しています
インターネット広告の種類・料金まとめ



人気ブログランキング バナー    ブログ村 バナー
皆さんの応援のおかげでこのブログは成り立っています。
今日もクリックありがとうございます!
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告