ポイントサイトの友達紹介はYDNよりGDNの方が審査が簡単な件

シェアする

gdn

ポイントサイトの友達紹介を有料広告でできないか?を検証し始め、ディスプレイ広告の審査を受けました。

YDN(Yahoo!のディスプレイ広告)の審査と同時にGDN(Googleのディスプレイ広告)の審査も受けました。

YDNの審査の方が簡単だと聞いていましたが、全然違ってGDNの方が楽勝でした。

ポイントサイトを有料広告にて紹介する場合はGDNをおすすめしたいです。

リスティング広告ではなくディスプレイ広告の理由

本来はリスティング広告の方が顕在的ユーザーをとらえることができるので向いていますが、アフィリエイトはリスティングNG案件があるため、ディスプレイ広告でやってみました。

(アフィリエイトでディスプレイ広告がOKかは現在調査中です)

ということで、テスト的にYDNとGDNの審査を受けた流れです。

YDNが全然ダメな理由

YDNは全然審査が通らず、やっと通ったのは総合的な副業を紹介するページだけでした。

ポイントサイトのページトップページは審査が通らず・・・

審査が通らない理由は下記の通りで謎に包まれました。

ydn3

(ビジネスモデルが明確って意味が不明です・・・)

対するGDNは一発で審査OK。トップページも審査OKでした。

GDNの方が審査が簡単なので、ポイントサイトの紹介はGDNの方が良いと思います。

YDNとGDNはどっちが優れているか?

YDNとGDNのクリック数やクリック率を比べてみました。

YDN

ydn2

YDNは1日で3回ほどしかクリックされませんでした。(表示回数は1日3,000回ほど)

クリック率は0.1%程度で激低です。

GDN

gdn2

GDNは1日60クリックほどで表示回数は1日10,000回ほどでした。

クリック率は0.5%ほどでYDNの5倍ほどです。

クリック回数も非常に多いので、予算を制限しておかないと、あっという間に金額が行ってしまいます。

ポイントサイトのディスプレイ広告はGDNが良い

結果は明らかですが、ポイントサイトを有料広告に載せるならGDNにしておきましょう。

審査も簡単ですし、単価も変わりません。

クリック回数・クリック率はGDNが非常に高いのでおすすめです。

対するYDNは審査が厳しい割にクリック回数・クリック率は低く、非常に残念なディスプレイ広告だと思います。



人気ブログランキング バナー    ブログ村 バナー
皆さんの応援のおかげでこのブログは成り立っています。
今日もクリックありがとうございます!
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告