1年に1回だけハワイに家を手に入れる方法

シェアする

ヒルトンタイムシェア

ハワイに移住するとなると、それなりの覚悟と勇気が必要になります。

仕事も辞めることになりますし、家族や友人などとあまり会えなくなります。

ハワイはアメリカなので、アメリカの文化に馴染む必要もあります。

なかなか移住となるとハードルが高いですが、以前、ヒルトンのタイムシェアという話しを聞きに行ったことがありました。

タイムシェアとは、1年に1回自分の家を手に入れる方法です。

1年に1回だけ自分の家を手に入れるとなると、ハワイ移住よりもハードルがぐっと低くなります。

こんな方法もあることを知り、非常に面白いと思ったので紹介しようと思います。

移住を目指す人間が、タイムシェアも良いかも。なんて言って良いのかわかりませんが、こんな生活も悪くないと正直思っています。

自分の家を手に入れるとは?

通常、旅行というとホテルに泊まることになります。

昼間に出かけて夕方戻るとベッドメイキングさんが部屋をキレイにしてくれ、食事は外食がメインになると思います。

タイムシェアとは、タイムシェア専用の部屋があり、そこにはホテルと違ってキッチンもあり食器もそろっています。

調理器具も冷蔵庫もあるので、食料品を持ち込んで料理をすることもできます。

ベッドメイキングさんはいないので、自分で部屋の片づけをしないと行けないですが、もう一つの家を持つような感覚で楽しむことができます。

タイムシェアのメリット

タイムシェアは、もう一つの家を手にれるような感覚で自由に楽しむことができるのが最大のメリットです。

旅行となると毎回外食が続き、日本の家庭料理が食べたくなることもあると思います。

タイムシェアなら、自炊ができるので、外食続きで嫌になることもありませんし、食費を抑えることもできます。

旅行先のスーパーで食料品を買って、料理を楽しむことができます。

また宿泊中は誰も立ち入ることがないのでプライバシーにも気遣う必要もありません。

タイムシェアの費用

プランによっても随分変わってきますが、部屋を持つための初期費用でクルマ1台分+αくらい、あと年会費が月1万円ちょっとくらいでした。

旅行券は別なので自分で手配しないと行けないですが、旅行先での食費は自炊で済むため少しは抑えることができます。

ハワイに家族で旅行に行くと1回100万円ほどかかると思うので、3~4回くらい行けば元がとれる程の感覚です。

ですので、良くハワイに旅行に行く人は、ホテルに泊まる旅行よりも、タイムシェア制度の方が割安になり、使い勝手も良いと思います。

タイムシェアのデメリット

  • あまり旅行に行かない人
  • 同じ場所に何回も行かない人
  • 初期費用の負担が大きい時

ですので、よく旅行に行く人で、そこそこお金もあり、気に入った場所がある人にタイムシェアがおすすめです。

タイムシェアの話しを聞いた感想

この話しを聞いた時、正直ボクは悪くないと思いました。

移住となると、会社を辞めないと行けないですし、アメリカの生活に馴染むのも大変ですが、1年に1回だけハワイに住むことができるのは、日本とハワイの良いとこ取りのように感じました。

ただ、このタイムシェアの権利を購入するにはそれなりの費用がかかるので、まずは資金集めですね。

移住にせよタイムシェアにせよ旅行にせよ、まずはお金です。

副業も本業も頑張ります。



人気ブログランキング バナー    ブログ村 バナー
皆さんの応援のおかげでこのブログは成り立っています。
今日もクリックありがとうございます!
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告